応用物理学会 秋季学術講演会 で3件の発表を予定

  • 投稿カテゴリー:発表

9月10日から13日にかけてハイブリッド開催される 第82回応用物理学会 秋季学術講演会 にて、捧君(B4)、坂本さん(B4)、趙君(B4) が研究成果を発表します。

  1. 捧治紀、坂本真菜、野田康平、中村健太郎、水野洋輔、李ひよん, “傾斜利用BOCDRの歪ダイナミックレンジ拡大と低コスト化に向けた基礎検討”, 2021年(令和3年)秋季第82回応用物理学会学術講演会, 12p-N306-6, ハイブリッド開催(名城大学天白キャンパス&オンライン), 2021年9月10日-13日.
  2. 坂本真菜、捧治紀、野田康平、中村健太郎、水野洋輔、李ひよん, “ブリルアン光相関領域反射計における最適な遅延ファイバ長の検討”, 2021年(令和3年)秋季第82回応用物理学会学術講演会, 12p-N306-7, ハイブリッド開催(名城大学天白キャンパス&オンライン), 2021年9月10日-13日.
  3. 趙晨旭、清住空樹、中村健太郎、水野洋輔、李ひよん, “荷重印加により感度領域を制御できる光ファイバ型モード間干渉センサ”, 2021年(令和3年)秋季第82回応用物理学会学術講演会, 13p-N103-10, ハイブリッド開催(名城大学天白キャンパス&オンライン), 2021年9月10日-13日.